中島啓太 94年ぶりアマVへ「自信持って」 来春のマスターズも視野に

© 株式会社神戸新聞社

 94年ぶりのアマVへ意気込む中島啓太(撮影・北村雅宏)

 「男子ゴルフ・日本オープン選手権」(14日開幕、琵琶湖CC=パー71)

 ゴルファー日本一を決める日本オープン選手権は14日から4日間、滋賀県栗東市の琵琶湖CC(6986ヤード、パー71)を舞台に一日上限5000人の有観客で開催される。13日は公式会見が行われ、3週前のパナソニック・オープンで史上5人目のアマチュア優勝を果たした中島啓太(21)=日体大3年=が意気込みを語った。中島には1927年の第1回大会での赤星六郎以来、94年ぶりアマチュア制覇が懸かる。

 5度目の挑戦となる国内最高峰の舞台は、優勝候補の最注目選手として迎える。開幕を翌日に控えた世界アマチュアランキング1位の中島は「自分自身としっかり向き合ってプレーすることをテーマに、毎日いいゲームプランを立てて、優勝争いに加わることができたら」と力を込めた。

 9月のパナソニック・オープンで史上5人目のアマチュア優勝を達成。今大会もアマチュアで制覇すれば、94年ぶり2人目の偉業だが「優勝という結果目標を意識するのは好きでない」ときっぱり。「優勝したい気持ちはあるけど、そこだけに集中するのではなく、それまでの過程に集中していきたい」と確固たる思いを示した。

 現在の一番の目標は、11月のアジア・パシフィック・アマチュア選手権を制し、来春のマスターズ出場権を得ることだ。「それに向けて今週があって、来週があってと持っていきたい。一試合一試合集中して目標に向かってプレーできたらいい」と明確に照準は定まっている。

 2週前のバンテリン東海クラシックで途中棄権する要因となった腰痛は「完治とは言えないけど、70%ぐらい」まで回復。14日から大学のトレーナーが合流し、ケアを受けながら試合に臨む。

 今大会は「気持ちが引き締まる」という「JAPAN」のロゴが入ったナショナルチームのユニホームを着てプレーする。「ナショナルオープンにナショナルチームのメンバーとして出られる。アマチュア代表として自覚を持たないといけないし、自信を持ってやりたい」と背筋を伸ばした。