東京円、113円台前半

© 一般社団法人共同通信社

 14日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=113円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比20銭円高ドル安の1ドル=113円37~38銭。ユーロは41銭円安ユーロ高の1ユーロ=131円59~63銭。

 米長期金利の上昇が一服したことで、日米の金利差が拡大するとの観測が後退し、午前中は円を買ってドルを売る動きが先行。ただ日経平均株価が上昇したことで、投資家心理は和らぎ、比較的安全な通貨とされる円に売りも出た。

 市場では「このところ速いペースで円安が進行していたため、利益を確定する動きもみられた」(外為ブローカー)との声があった。