巨人8連敗でついに貯金消滅 わずか1安打完封負け CS進出すら怪しい雰囲気に

© 株式会社神戸新聞社

厳しい表情で選手交代を告げる原監督(撮影・金田祐二)

 「巨人0-3阪神」(14日、東京ドーム)

 巨人は8連敗。9月2日には最大15あった貯金が、1カ月半でついになくなった。

 先発の山口が7回無失点の好投。だが、九回は2死一、二塁で守護神ビエイラが板山に決勝の適時二塁打を打たれた。さらに木浪にも2点二塁打を許した。

 打線はこの日も貧打に苦しんだ。中田の1安打のみで完封負け。これで球団ワースト2位の9試合連続2得点以下の屈辱となった。

 阪神との対戦は終了となり、9勝13敗3分け。本拠地のファンに意地を見せることができなかった。

 すでに3位以下が確定。試合前の時点では4位・広島と5.5ゲーム差あるものの、ほぼ確実とみられていたがCS進出も怪しい雰囲気すら漂ってきた。