パトロール中、蛇行する車を発見 酒気帯び運転疑いで無職男逮捕 市原の市道

© 株式会社千葉日報社

市原署

 市原署は14日までに、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで市原市、無職の男(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は13日午後9時10分ごろ、同市姉崎の市道で、酒気帯び状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、容疑を認めている。パトロール中の署員が蛇行運転している車を見つけ職務質問し、発覚した。(本紙・千葉日報オンラインでは実名)