ドコモ通信障害の混乱 谷原章介が「解消法」提案

© 株式会社ジェイ・キャスト

きのう14日(2021年10月)の夕方、突然携帯がつながらなくなって慌てふためいた人は多かったのではないか。きょう15日の「めざまし8」は、NTTドコモの通信障害の話題を取り上げた。

通信障害は午後5時ごろから全国規模で発生し、音声通話やデータ通信サービスが利用しづらい状態となった。午後8時ごろに復旧したものの、その後も一部でつながりにくい状態が続いている。

つながりにくい状況が続く

NTTドコモは、ネットワーク工事に伴うトラブルが原因だとして、「大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」とのコメントを出した。

自身の携帯電話もきょうの朝までつながりにくかったというITジャーナリストの三上洋氏が番組にリモート出演し、「SNSなどを見ると、まだつながらないという声があります。ネットワークの工事のトラブル事態は昨夜のうちに復旧しましたが、そのあとにデータ通信や電話をみんなが一気にかけて集中してパンクしないよう、NTTドコモ側が制限をかけて、110番などの非常通信を優先させたようです」と解説。「その発表がちゃんと伝わっておらず、こんな朝方までかかっているのは問題かもしれません」と指摘した。

MCの谷原章介「改めてみなさんに呼びかけて、ちょっと通信を使うのを抑えていただければ解消されますね」

(キャンディ)