福島の津波被災地でツワブキ見頃

花言葉「困難に負けない」

© 一般社団法人共同通信社

福島県いわき市久之浜町地区の海岸で見頃を迎えているツワブキ=15日

 東日本大震災の津波で甚大な被害が出た福島県いわき市久之浜町地区の海岸で、キク科の常緑多年草ツワブキの黄色い花が見頃を迎えている。花言葉は「困難に負けない」。市によると、周辺は津波で住宅や食堂などが損壊。その後も台風の襲来を受けたという。

 過酷な環境でも生き抜くツワブキに、近所の無職皆川愛子さん(84)は「毎年、新芽を湯がいて油炒めにして食べたり、薬草としておできにつけたりする身近な植物。大変な状況が続くが、今年も見事に咲いてうれしい」と話した。