衆議院議員選挙 事実上の選挙戦スタート

© 奈良テレビ放送株式会社

 14日の衆議院解散を受け、事実上、選挙戦が始まりました。県内でも早速、立候補予定者が選挙に向けた準備を始めました。

 衆議院議員選挙は10月19日公示、31日に投開票が決まり、解散から17日後の投開票は戦後最短の短期決戦です。県内でも早速、議員バッジをはずした前職など立候補予定者が選挙に向け早速、街頭に繰り出し政策を訴えました。現在、奈良県では1区は3人、2区は3人、3区は4人が立候補を予定しています。