林鄭長官が広州市トップらと会談

© HKP

林鄭月娥・行政長官は10月14日、広州市訪問を終えて香港に戻った。15日付香港各紙によると、林鄭長官は14日、中国進出口商品交易会(広州交易会)と珠江国際貿易フォーラムの開幕式に出席。李克強・首相による基調講演を聞いた後に広州市の張碩輔・党委書記、温国輝・市長らと会談し、先に発表した施政報告(施政方針演説)を紹介した。林鄭長官は会談で「広州と香港は金融、科学技術などの分野でそれぞれ優位性を持ち、いずれも粤港澳大湾区の中核都市であり、協力を強化して相互補完できる」と言及。香港の高等教育機関の基礎科学研究が高い実力を持ち、香港の7大学が粤港澳大湾区の都市にすでに進出または進出を計画しており、広州・南沙には香港科技大学(広州)のキャンパスが来年9月に完成することを挙げた。金融面では香港取引所と広州先物取引所が炭素排出権取引関連の金融商品展開で協力することについて、特区政府が支援することを施政報告で表明したと述べた。