スマート視聴産業が発展、デジタル経済に新たな活力を注ぐ―中国

© 株式会社 Record China

ビッグデータ、人工知能(AI)、デジタル経済などのホットワードが、デジタル中国建設の壮大なるビジョンを描いている。2021(GIAC)スマート視聴会議が12日、青島市で開幕した。現場では、デジタル技術が新理念、新業態、新モデルにより全面的に浸透し、人々の生産と生活に広く深い影響を及ぼしていることが実感できた。人民網が伝えた。

■思考の転換、「デジタルエンパワーメントの翼」をつける

デジタル発信の時代において、デジタル化モデル転換はまず思考を転換する必要がある。人民日報社の崔士鑫副編集長が述べたように、「デジタル中国の建設推進は、スマート視聴の役割を十分に発揮する必要がある。デジタル化の思考を行政、ビジネス、サービスの各分野に浸透させ、スマート視聴を生産、生活、生態の各シーンに融合させる。各方面のイノベーションの力を集め、デジタル中国の建設に向けた良好な世論の雰囲気を醸成する」。

中央インターネット安全・情報化委員会弁公室ネットワーク発信局の謝登科局長は、「情報発信の裏側には価値誘導があり、観点の対立の深い所には人心の向背がある。先進技術の新エンジンを活用し、価値を創出し新たな境界をけん引し、国民に寄与する新たな領域を切り開く」と述べた。

■業態イノベーションと産業の融合発展を推進

デジタル文明はリアルとバーチャルの2つの世界を結び、つなげた。実体経済とデジタル経済の深い融合を促し、従来型産業のスマートな発展を加速させている。

人民網の党委書記、董事長、総裁を務める葉蓁蓁氏は、「スマート視聴設備は現在、視聴を人類の耳目から脳に準じる存在への変化を支えており、意思決定と行動を支援している。これまでは視聴技術により万物を観察していたが、今や万物が人類を観察している可能性がある。コグニティブインテリジェンスの時代に入れば、万物の思考に変わる可能性がある。絶えず変化するなか、ヒトとヒト、モノとモノ、ヒトとモノの間で十分に意思疎通・対話できるようになるこそがスマート視聴の素晴らしい未来ビジョンだ」と述べた。

5Gはクアルコム中国エリアの孟樸会長が今会議で終始注目してきた話題だ。孟氏は、「5G技術の発展はクロスリアリティ(XR)、つまり一般的に言われる仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)の総称に対して大きな推進的役割を果たす。これは力強く発展する業界だ。国内の産業チェーンはすでに非常に積極的にこの業界を受け入れている。5Gのエンパワーメントにより、新たな応用シーンと業態をもたらしている」と述べた。

■スマート視聴の新時代、各業界の深い融合を推進

人民網研究院は12日、「2021年スマート視聴産業ホットスポット研究報告書」を発表し、6つの次元から全体的にスマート視聴の発展状況を示した。報告書によると、中国の昨年12月現在のネットワーク視聴ユーザー数は9億4400万人で、同年6月より4321万人増加した。ネットユーザーの利用率は95.4%。既存の構造が打破され、プラットフォームの競合が激化し、産業構造が絶えず変化している。スマート視聴はメディアの深い融合発展の重要な「方向」と必要不可欠な「新インフラ」になった。

注意すべきは、スマート視聴産業拠点の建設が地方で次々と実施され、産業の成長を支えていることだ。5G、AI、VRなどの技術の応用により、スマート視聴はさらに公共サービス、EC、文化・観光、教育、医療、スポーツなどの各業界と深く融合し、産業チェーンを再構築し、業界のモデル転換と変革を絶えず推進している。山東省党委員会常務委員、青島市党委員会書記の陸治原氏はあいさつの中で、「チャンスを掴み、優位性を発揮し、スマート視聴などの新メディア産業の質の高い発展を推進する必要がある」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)