園児が「コンタリ棒」作りに挑戦

© 株式会社とちぎテレビ

子どもたちに県内に古くから伝わる行事「ぼうじぼ」について理解を深めてもらおうと、さくら市の保育園で15日その道具作りの体験が行われました。

「コンタリ棒」と呼ばれる稲わらで編まれた道具作りを体験したのは、たいよう保育園の園児およそ50人です。

子どもたちにぼうじぼを伝える取り組みをしている、日光市の手塚善家さん、麗子さん夫妻が作り方をレクチャーしました。

コンタリ棒は地域によって「ぼうじ棒」や「ワラデッポウ」などとも呼ばれていて、県北を中心に伝わる伝統行事「ぼうじぼ」で使われます。

十五夜や十三夜の夜に歌を歌いながら棒で地面を打ち鳴らして収穫への感謝や五穀豊穣を願う行事です。

藁を三つ編みにするなど細かな作業では苦戦する場面もありましたが、子どもたちは手塚さんや保育士に手伝ってもらいながら地域の伝統的な催しに理解を深めていました。