キングス競り負け、ホーム初黒星 川崎に69―73

© 株式会社沖縄タイムス社

キングス-川崎 第2Q、キングスのドウェイン・エバンスが28点目のシュートを決める=沖縄アリーナ(小宮健撮影)

 プロバスケットボール男子Bリーグ1部西地区首位の琉球ゴールデンキングスは16日、沖縄アリーナで第6戦を行い、東地区4位の川崎ブレイブサンダースに69―73で競り負けた。通算成績は4勝2敗。

 第1クオーター(Q)、川崎のゾーンディフェンスの外から岸本隆一と田代直希が3点シュートを決め、20―10とリード。第2Qは並里成がドライブやアシストで攻撃をけん引するも後半に追い上げられ、35―31で折り返した。

 第3Q、田代のドライブ、今村佳太の3点シュートを決めたが5ファウルから相手にフリースローを与え、53―53の同点に。第4Qは開始から4分半得点が止まり、終盤は川崎ガード陣に得点を決められ、今季初のホーム黒星となった。

 次戦は23、24の両日、富山県西部体育センターで富山グラウジーズと戦う。