『めざまし8』コメンテーターが超不謹慎発言で炎上!「テレビ出しちゃダメ」

© 株式会社日本ジャーナル出版

谷原章介 (C)まいじつ 

山梨県甲府市の民家が全焼した放火事件を巡り、ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダリストで、元スポーツ庁長官・鈴木大地氏の発言が物議を醸している。

事件は10月12日、午前3時50分ごろ、蓬沢の井上盛司さん方で発生。焼け跡から井上さん夫婦の遺体が見つかり、13日に同居する次女への傷害容疑で19歳の少年が逮捕されている。

鈴木氏は13日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に出演。事件について問われると、「わかっていないことがたくさんありますから、何とも言えませんけど」と前置きし、「いくつか疑問があって、まず放火されたときに亡くなった2人…ご両親ですか? 逃げられたんじゃないかな。住宅密集地ではなかったので、延焼しなかったのは不幸中の幸いというところでしょうけど」とコメントした。

さらに、「いろんなことが起こっていて、自分の中でいろんな想定をしているところなんですけど、答え合わせが早く知りたいです」と、まるでクイズの正解を待ち望むように発言していた。

鈴木大地氏の不謹慎コメントが大炎上!

この不謹慎コメントは、もちろん炎上。ネット上には

《どんな事件・事故であろうと「幸い」という言葉を使っている時点でありえない》
《なんじゃあこいつ!? 想像力がないにも程がある》
《何が言いたいんだかさっぱりわからない。ダメだろ、テレビ出しちゃ》
《見識浅いし、表現力薄いし、コメンテーター向いてない。これでギャラ発生してるんだもんね…》
《めざまし8のコメンテーターってロクな奴がいないな》

といった批判が殺到している。

「そもそも、殺傷され放火までされているのに、いくら延焼しなかったからといって、『不幸中の幸い』というコメントはないでしょうね。同番組はMCの谷原章介の問題発言がたびたび物議を醸していましたが、コメンテーターまでこの体たらくでは、視聴者もほとほと呆れ果てていることでしょう。もうスポーツ分野以外は口を挟まない方が賢明でしょうね」(テレビ誌ライター)

隣家の延焼を気にするあまり、自身が炎上してしまうとはなんとお粗末なコメントだったと言えよう。