【日曜日の絵本】海でいちばん美しい場所「水面」をテーマにした一冊

© アイランド株式会社

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、日曜日の絵本

屋久島在住の水中写真家・高久至が、空と海の境界線「水面」を紹介。美しくふしぎな世界へと案内する写真絵本です。

すいめん
写真・文:高久至
出版社:アリス館

この世界には、きっとたくさんの魔法のとびらがあるんだろう。空と海のさかいの水面がそのひとつだということを、この絵本が教えてくれました。

空の世界から海の世界へ。一気に水面をくぐりぬけてみると……。水面にはたくさんの生き物たちが暮らしています。アカウミガメの赤ちゃんにも出会えます。海の生き物たちにとって、水面がどんなふうに大切な場所なのかもわかります。

著者の高久至さんは、水面をテーマに写真を撮り続けているそうです。「水面は海の中でも、いちばん美しい場所」だと語っています。

ゆらめく水面の向こうに、今まで知らなかった世界が広がっています。

***

イマジネーションが広がる日曜日。
一冊の素敵な絵本と出会ったら、いつもと少しだけ違う月曜日が始まります。

楽しいにちようびを。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/