J1鹿島・小泉社長がホームタウン制撤廃を否定「時代に即したアップデートという考え方」

© 株式会社東京スポーツ新聞社

J1鹿島の小泉文明(東スポWeb)

J1鹿島の小泉文明社長(メルカリ会長)は17日、自身のツイッターを更新。Jリーグがホームタウン制を撤廃するとの一部報道に対して「私個人のコメントであり、リーグのオフィシャルなものでもない」と断った上で「Jリーグもクラブも今までのホームタウンを中心とする考え方を変更することはなく、100年構想にあるようにこれからもホームタウンとともに歩んでいく方針です」と否定した。

その上で、現状ではJクラブはホームタウン外でパブリックビューイング(PV)などイベント開催が制限されているのに対して、海外クラブは大都市圏でもスクール開催など自由な活動が可能であることを指摘。「Jリーグの健全な発展のために基本方針は変えずに時代に即したアップデートをしたという考え方なので、記事にあるような大転換で無いことをご理解頂けるとありがたいです」と記した。

また、クラブ名にネーミングライツを認めることを検討との報道についても「まだ議論し始めたばかりであり、何も決まってない状況です。個人的には理念にそぐわない面もあり反対の立場ですが、一方で企業=悪という考え方には反対です。(中略)スポーツに企業が関与することを毛嫌う雰囲気は未だにありますが、これらの考え方も時代とともにアップデートされるべきだと考えます」との私見を述べた。