森山真弓・元官房長官が死去

女性初、海部内閣支える

© 一般社団法人共同通信社

森山真弓氏

 女性初の官房長官を務めた森山真弓氏が14日、老衰のため東京都内で死去した。93歳。東京都出身。葬儀・告別式は16日に近親者のみで行った。喪主は長女篠原真澄さんと次女白山真理さん。後日お別れの会を開く。

 津田塾専門学校(現津田塾大)を卒業し東大へ入学。旧労働省で婦人少年局長などを務め、男女雇用機会均等法の整備に尽力した。女性キャリア官僚の草分け的存在。1980年、自民党から参院議員に転身し、参院3期、衆院4期を務めた。

 89年、海部内閣の環境庁長官として初入閣。半月後、女性スキャンダルで辞任した官房長官の後任に横滑りした。女性就任は現在まで他に例がない。