【ベトナム】ベトナム国鉄、JRの中古気動車を輸入へ[運輸]

© 株式会社NNA

ベトナム鉄道総公社(ベトナム国鉄、VNR)はこのほど、JR東日本の中古ディーゼル気動車37両の輸入許可をファム・ミン・チン首相に申請した。16日付ダウトゥ電子版が報じた。

37両は「キハ40系」「キハ48系」で、いずれも1979~82年に製造された客車。VNRのブー・アイン・ミン会長によると、JR東日本から引退するキハ40などを無償で譲渡すると申し出を受けたという。輸入や改造にかかる費用はベトナム側が負担する。

いずれも約40年間使用されており、エアコン付きで、1両当たり客席が68~82人分、立ち席スペースが28~34人分。軌道の幅(軌間)は1,067ミリ(狭軌)で、ベトナムの1,000ミリ(狭軌)に近い。輸入後に国内規格に合わせて改造するという。

VNRはこれまで機関車が客車を牽引・推進する方式を採用していた。自走する気動車は駅などでの取り扱いが容易であるほか、乗客の少ない路線で効率的に運用できるという。