中国が米ドル債発行へ、最長30年の4種類 20日に条件決定

© ロイター

[19日 ロイター] - 中国が発行する予定のドル建て国債が3年、5年、10年、30年の4つの年限で構成されることが、ロイターが確認したタームシートで19日明らかになった。

中国財政省は18日、発行に向け14の銀行を幹事に選定した。事情に詳しい関係筋によると、起債で約40億ドルを調達する見通し。

当初の発行条件は、利回りが同じ年限の米国債利回りを基に3年債がプラス35ベーシスポイント(bp)、5年債がプラス45bp、10年債がプラス55bp、30年債がプラス85bpに設定された。

中国が米ドル建て債を最後に発行したのは2020年10月で、60億ドルを調達。米国を拠点とする投資家の参加が初めて可能になった。

中国の米ドル国債は出回る量が少なく、高利回りのため世界の投資家からの引き合いが強い。

投資家への通知によると、香港時間19日正午の段階で需要は150億ドル。

プライシングはアジア時間20日の予定。

この債券について、ムーディーズは18日、最上位の「A1」の格付けを付与し、見通しは安定的とした。S&Pの格付けは「A+」、フィッチは「A+」。

<^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

中国、米ドル債発行に向け幹事に14行選定 40億ドル調達へ

UPDATE 2-China to issue U.S. dollar bonds in four tranches of up to 30 years - term sheet

BRIEF-Moody's Says Assigns A1 Rating To China's U.S.-Dollar Denominated Bonds

BRIEF-S&P Says China's Proposed Bonds Assigned 'A+' Long-Term Foreign Currency Rating

BRIEF-Fitch Says Has Assigned China's (A+/Stable) Proposed U.S. Dollar Bonds An 'A+' Rating

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^>

この記事はいかがでしたか?