香港特区の林鄭長官、公邸で転倒し右肘を骨折 政務司長が職務代行

© 新華社

香港特区の林鄭長官、公邸で転倒し右肘を骨折 政務司長が職務代行

18日、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)関連フォーラムであいさつする林鄭月娥氏。(香港=新華社配信)

 【新華社香港10月19日】中国香港特別行政区行政長官弁公室は19日、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が18日夜、礼賓府(行政長官公邸)で転倒し、右肘を骨折したと明らかにした。骨折は軽度で、林鄭氏はすでに退院し、現在は療養している。

 林鄭氏は転倒後、病院に向かい、検査の結果、右肘に軽度の骨折が確認された。林鄭氏は経過観察のため一晩入院し、19日午前9時ごろ退院した。

 これにより、同日の行政会議は休会となり、会議前の定例記者会見も中止となった。林鄭氏の療養期間中は、特区政府政務司の李家超(ジョン・リー)司長が行政長官の職務を代行する。