国連サイトの日本海表記を韓国団体が「国際原則違反」と批判、是正運動を開始=韓国ネットには賛否の声

© 株式会社 Record China

韓国・KBSなど複数のメディアはこのほど、国連サイトの「日本海」表記について、韓国の団体が是正運動を開始したと伝えた。

記事によると、韓国の市民団体でサイバー外交使節団・VANKはこの日、国連の地理情報サイト(www.un.org)上の地図にある「日本海(Sea of Japan)」表記の修正を求める運動を開始したと発表した。

VANK側は「国連が運営する地理情報サイトで、日本海の単独表記を放置すれば大きな問題になり得る。これは日本政府が国連サイトを活用して世界に日本海を大々的に広報する口実を与えるもの」とした上で、「国際社会が『東海/日本海』と併記している状況下で、国連のこのような過ちは必ず正さなければならない」と強調。さらに「これは国際原則に違反する行為」と批判したという。

国連地名標準化会議(UNCSGN)は1977年、2カ国以上が共有する地形について、単一名称の合意が難しい場合、それぞれ使用する名称を併記すると発表した。

VANK側は国連に対し地図の修正要請と共に抗議書簡を送り、これまで構築してきたグローバル東海広報サイト(eastsea.prkorea.com)の資料も渡したという。今後については「この事実を国際社会に広め、さまざまなグローバル請願運動も始める計画だ」と明らかにしたという。

これを受け、韓国のネット上では「名ばかりで実質の伴わない国際機構」「日米は絶対に信じてはいけない国。韓国の生きる道は自分で見つけていくしかない」「政治ロビーが合法の米国が問題」など、国連や日米への批判の声が寄せられている。

また、韓国政府に対し「韓国政府は歴史に無関心」「国連にBTSまで連れて行った韓国大統領府はどうしたの?」「外交は民間に任せきり」などと責任を追及するコメントも少なくない。

一方で「『日本海じゃない』と言っているのは韓国だけ」「日本には強気だけど中国には何も言えない韓国の団体。それなら西海は?(黄海)」「正義感と愛国心に燃えてるんだろうけど、VANKな国粋主義」など、VANKの活動に疑問を示すユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)