アテネで聖火引き継ぎ式

20日に北京へ

© 一般社団法人共同通信社

アテネのパナシナイコ競技場で北京冬季五輪の聖火をギリシャ・オリンピック委員会のカプラロス会長(左)から受け取る大会組織委員会の于再清副会長=19日(共同)

 【アテネ共同】来年2月4日に開幕する北京冬季五輪の聖火を大会組織委員会に引き渡す式典が19日、アテネのパナシナイコ競技場で行われ、組織委の于再清副会長がギリシャ・オリンピック委員会のカプラロス会長から受け取った。新型コロナウイルスの影響で式典は無観客で開催された。

 国際オリンピック委員会によると、聖火は20日に北京に到着する。同市内の五輪タワーで一般公開後に国内を展示ツアーで巡り、開幕前に通常のリレーを実施。于氏は万里の長城など各地を巡回する計画を明らかにし「平和と友情の光をもたらす。これまでとは異なる革新的な聖火の演出とリレーを行う」と述べた。