盗まれたiPhoneを使ってるのは誰? ネット民は“とあるオレンジのおじさん“を見つけた

© BuzzFeed Japan株式会社

Design by Emi Tulett / BuzzFeed

※この記事は、2016年2月にBuzzFeed Japanで公開した記事を再編集したものです。

<前回のあらすじ>

ある夜、バーで飲んでいたらiPhoneを盗まれた。仕方なく新しいiPhoneを買うと、そこには見知らぬ男の写真がたくさん流れてくる。

どうやら、僕の盗まれたiPhoneは中国に行っているようだった。第1章)。

Chris Ritter for BuzzFeed

気づくと、僕は有名になっていた。

BuzzFeedに「私の電話に出てくるこの男性は誰?なぜ彼の写真は、私の電話に表示されるのか?(英文)」という記事を書いた。それで終わりだと思っていた。

記事は翻訳され、あっという間に中国の人に広がっていった。その人たちは、例のオレンジの男を見つけようとしていた。

「私は中国人。例の男をみんな探そうとしているよ。君は中国で有名人だよ」

「友達とオレンジの男を探そうとしているよ」

中国のTwitter「ウェイボー(微博)」では、なんとトレンドに入ってしまった。

「検索ランキングで1位になっているよ!」

「中国で有名になっているよ!」というツイートが僕(@mattstopera)に殺到した。

Twitter

「中国ですごく有名だよ!君、本当に面白いね!」

そして数時間後、オレンジの男が見つかる。

「彼が見つかったよ!」

早速ウェイボーのアカウントを作ると、その日のうちに5万人以上のフォロワーがついた。1週間で10万人以上に…。

Weibo

そして、僕の盗まれたiPhoneを持つ男、通称「ブラザーオレンジ」とウェイボーでやりとりを始めた。

「オレンジの男が見つかった! インターネットはすごいね。誰かが彼に連絡が取れるように繋いでくれるかもね」

ウェイボーのユーザーたちは、その男に「ブラザーオレンジ」という名前を与えていた。中国文化では「兄」は敬意を表す言葉だ。

兄弟とは親愛なる関係にある友人同士のことを指す。「オレンジ」は自撮り写真に写っていた木に由来する。

僕はブラザーオレンジとメッセージの交換を始めた。中国のインターネットユーザーが見守る中、彼は僕を中国に招待してくれた。

Weibo

僕はOKした。

Weibo

中国へ行くまでの間、せっかくなのでウェイボーに投稿して遊んでみた。

多くの人が私に英語を教えてくれと言ってくる。僕はビデオを作り始めた。

「英語を教えてくれませんか?」

「マットさんこんにちは!私の英語の先生は授業で毎日あなたのウェイボーを見せてくれていて、私たちは英語を学んでいます。学校は退屈だけど、その時間は面白いです」

彼らは逗比(doubi、おバカで面白い人)と僕を呼び始めた。山ほどコメントが来る。逗比はミスター・ビーンのような人のことを意味するらしい。受け入れるしかない。

「マットおはよう。doubiは面白くてかわいい人、という意味です。そういう人のことはみんな大好きです。良い一日を〜」

ブラザーオレンジともウェイボーで会話を続けた。

「マット、中国のお箸の使い方を教えてあげるよ!」

そしていよいよ中国へ。そこで僕は、9日間で信じられないような体験をすることになるーー。

〜第3章に続く〜

海外のいろんな“ストーリー”を配信中!

Design by Emi Tulett / BuzzFeed

特集「ベッドタイムストーリー」

スマホを片手に過ごす何気ないひととき。SNSを眺めたり、大好きな動画を見たり、ベッドでのんびりと過ごす時間は最高のリラックスタイムです。でも、たまには今まで知らなかったような世界にも触れてみたい。

そこでBuzzFeedでは、世界で起きた海外のさまざまなストーリーをご紹介。

信じられないような話から背筋がゾクッとする奇妙な話、新しい発見や価値観に気づける話まで、ベッドの中のちょっとした時間に読めるお話を集めました。

笑いや感動、学び、発見……自分の世界がちょっぴり広がって、だれかに伝えたくなる一本をお届けします。