秋季関東高校野球茨城県大会 明秀日立、土浦日大、下妻一、藤代4強

© 株式会社茨城新聞社

下妻一ーつくば国際 8回裏下妻一2死一、二塁、尾見が左翼線へ適時打を放つ=ジェイコム土浦

第74回秋季関東高校野球茨城県大会第4日は19日、ひたちなか市民球場とジェイコム土浦で準々決勝が行われ、明秀日立、土浦日大、下妻一、藤代が4強入り。

明秀日立は最終回に逆転し、今夏の覇者・鹿島学園に競り勝った。土浦日大は投手戦を制し、第2シード霞ケ浦を退けた。下妻一はつくば国際に逆転勝ちし、40年ぶりの4強入り。藤代は竜ケ崎一に打ち勝った。

第5日は21日、ひたちなか市民球場で準決勝2試合が行われ、関東大会に出場する3校のうち2校が決定する。第1試合(午前9時30分)は下妻一-藤代。第2試合(午後0時20分)は土浦日大-明秀日立。

▽準々決勝
下妻一 7-5 つくば国際
藤代 11-9 竜ケ崎一
土浦日大 1-0 霞ケ浦
明秀日立 4-3 鹿島学園

◇ジェイコム土浦=第1試合
▽準々決勝
つくば国際 001002110│5
下妻一   11020102×│7

◇ジェイコム土浦=第2試合
▽準々決勝
竜ケ崎一 300000240│9
藤代   14000240×│11

◇ひたちなか市民=第1試合
▽準々決勝
霞ケ浦  000000000│0
土浦日大 00010000×│1

◇ひたちなか市民=第2試合
▽準々決勝
明秀日立 010010002│4
鹿島学園 000100020│3