低気圧発達、暴風・高波に警戒

日本海側大しけ、落雷やひょうも

© 一般社団法人共同通信社

 発達しながら日本海から北日本を通過する低気圧に暖かく湿った空気が入る東日本から北日本の日本海側は20日、暴風や高波に警戒が必要だ。海上は大しけの見込み。西日本から北日本では、落雷や激しい突風、ひょうが降る恐れがある。

 気象庁によると、低気圧は20日には日本の東まで移動。西日本の上空約5500メートルには氷点下21度以下、東日本から北日本には氷点下24度以下の強い寒気が流れ込み、大気が不安定になる。

 20日の予想最大風速(最大瞬間風速)は、東北、北陸23メートル(35メートル)、北海道20メートル(30メートル)。波の高さは北陸6メートル、東北5メートル。