「カラオケ封殺リスト」で問題のある歌手を抹消?ジョリン・ツァイら人気歌手の名前も

© 株式会社 Record China

犯罪や非道徳的な行動など、過去に問題を起こしたとされる複数の芸能人が、中国のカラオケ店の音楽リストから抹消されたと中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で話題が拡散されている。

このほどウェイボーに掲載されて話題になっているのが、中国のカラオケ店に掲示されていたという複数の注意書きで、各地の文化和旅游局からの通達とされるもの。内容には歌手の名前や国籍が書かれており、過去に犯罪や非道徳的な行為、さらには問題のある言動が見られた歌手について、計1376曲をカラオケのリストから削除したことが示されている。

リストに名前が挙がっているのは、中国・香港・台湾の歌手や俳優で計47人となる。台湾メディアでは、台湾独立支持派と過去に話題になった女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)やTWICEの台湾人メンバーのツウィ(周子瑜)、男性歌手のクラウド・ルー(盧廣仲)、大麻所持で逮捕された俳優コー・チェントン(柯震東)やジェイシー・チャン(房祖名)の名前があったことを報じている。

「カラオケ封殺タレント一覧」として話題になったこのリストだが、あるネットユーザーは中華人民共和国文化和旅游部に問い合わせたところ、「そのようなリストの作成や通達を行った事実はない」との回答があったと報告。このため、真偽のほどについては不明となっている。(Mathilda)