横浜流星、譲れない“こだわり”を明かす「自分の信念を曲げずに…」

© 株式会社マイナビ

俳優の横浜流星が出演する、マルハニチロ「新中華街」シリーズ「横浜あんかけラーメン」の新CM「こだわりが、見えてきた」編が21日より放送される。

新CMでは、華やかな琥珀色を背景に、横浜が登場。凛とした佇まいで同商品のおいしさを真摯に伝える。そして最後はラーメンを口にし、渾身の一言「うまい!」。おいしさで思わずこぼれる笑顔にも注目だ。

今回の撮影を振り返り、横浜は「楽しかったです。(前回と)チームも一緒で、監督がとてもチャーミングで素敵な方なので楽しみながら撮影できました」とコメント。前回同様、撮影中は「笑いが止まらなかった」と言い、「自分のモチベーションというか、気持ちを上げてくれる方で、すごく素敵な方だなと今日また改めて感じました」と称賛を送った。

また「横浜あんかけラーメン」がマルハニチロの“こだわり”の商品ということにちなみ、「ここだけは譲れない“こだわり”」を聞くと、横浜は「こだわりはめちゃくちゃある」と回答。「まず、僕、朝がめちゃくちゃ弱くて。周りに『どうした?』と言われるくらい弱いんですよ。そんな自分を克服したいなと思うんですけど、だからこそちょっとでも機能できるようにカフェインを必ず取ることです」と穏やかに語った。

続いて横浜が挙げたのは「変わらないこと」。「環境とか身の回りのことが変わると自分の心まで変わってしまう人も多いと思うんですけど、そうじゃなく、自分の信念を曲げずに、変わらなきゃいけないところは変わりつつ、でも自分の根っこにある部分は絶対変わりたくないので、“変わらないこと”っていうのはこだわっているというか、意識してます」と話し、「ちょっと危ないなと思ったときに、地元の子と会ったりとかして、『あ、大丈夫だ』っていう確認をしたりします」と笑顔で明かした。