『ラブライブ!スーパースター!!』唐可可が中国でバカ受け!? 総領事館がまさかの絶賛

© 株式会社日本ジャーナル出版

『ラブライブ!スーパースター!!』唐可可が中国でバカ受け!? 総領事館がまさかの絶賛 (C)PIXTA

健全なアニメ作品を作るよう求めるなど、エンタテインメント業界に関する規制が強化されている中国。そんな中、「中華人民共和国駐大阪総領事館」の公式ツイッターが『ラブライブ!スーパースター!!』の主要キャラクター・唐可可(タン・クゥクゥ)を絶賛し、《クゥクゥちゃんが認められた!》と話題になっている。

該当するツイートを見てみると、《今年7月からNHKで放送し始めたアニメ「LOVELIVE SUPERSTAR」では、シリーズ史上初の中国出身メインキャラ「唐可可」を起用した。情熱かつ陽気で、大胆な性格と豊かな創造力で両国の多くのファンを博した》と書かれており、かなり好意的に見られている模様。また別のツイートでは、《勉強一筋のため数学が上手ながらも体力はゼロ、どんな人でも馴れ馴れしい、不満ならすぐ言い出すなど、中国人らしい性格を持っており、中国でも大好評》とキャラクター性にまで踏み込んで分析されており、中国で人気があることも明かされていた。

一連のツイートに日本のネット上では、《クゥクゥちゃんは中国の星になるのか!?》《よっしゃ、中国ライブ確定?》《大阪領事館にはラブライバーがいるのかLiyuuの元々のファンがいるんだろうな》《中国で受けるタンクゥクゥすげえよ》といった声が上がっている。

クゥクゥの“デモ”は中国で許されるのか…

ちなみに総領事館のツイートでは、中国人らしい性格として「不満ならすぐ言い出す」といった一見ネガティブなキャラクター性も取り上げられていた。とはいえ「言いたいことを言う」ことを美徳と考えるなら、確かに可可のストレートな物言いは美点と言うこともできるだろう。またツイートでも触れられている通り、お団子ヘアや「○○アル」といった語尾など記号的な表現を使わず、「中国人らしい」キャラクターを作り上げた制作陣はさすがとしか言いようがない。

その一方で日本のアニメファンからは、《クゥクゥが自由を叫んでデモしてたのは大丈夫なのか?》と心配する声も。確かに『ラブライブ!スーパースター!!』の第2話では、スクールアイドル部新設の申請を拒否した生徒会に対して、可可がデモのような方法で「我々に自由を!」と訴えるシーンがあった。放送時は日本のネット上で《これ中国では流せないだろ》などと話題になっていたが、このシーンが中国国内で広まっても可可は認められるのだろうか。

せっかく可可は中国から日本にまで来てスクールアイドル活動をしているのに、現実の中国本国でアニメの表現が規制されるようなことがあってはかわいそうでならない。彼女のかわいらしさに免じて、多少の攻めた表現は見逃してもらいたいものだが…。

文=大上賢一

【画像】

Jiangsihui / PIXTA