人権弾圧犠牲者の追悼を妨害疑い

中国人10人立件、警視庁

© 一般社団法人共同通信社

警視庁

 東京都新宿区で7月、中国の人権弾圧などによる犠牲者を追悼する集会を妨害したとして、警視庁公安部は20日までに、威力業務妨害の疑いで、いずれも中国籍の会社員や留学生の10~30代の男性10人を立件した。逮捕が3人、書類送検が7人。認否を明らかにしていない。

 公安部によると、10人のうち1人が金銭の支払いを約束して他9人を集め、妨害行為を指示したとみられる。公安部は妨害目的や背景、組織性の有無についても調べる。

 逮捕容疑や書類送検容疑は共謀して7月1日昼ごろ、新宿区内のビルで行われた「中国共産党結党100年全ての犠牲者を追悼する集会」で進行を妨害した疑い。