秋季関東高校野球茨城県大会 21日準決勝 関東懸け4強激突

© 株式会社茨城新聞社

勝負強さが光る下妻一のリードオフマン尾見、打率6割3分6厘で攻撃をけん引する藤代の4番・園田(左から)

第74回秋季関東高校野球茨城県大会第5日は21日、ひたちなか市民球場で準決勝が行われ、関東大会の代表3校のうち2校が決定する。4強の顔触れは、いずれもノーシードの下妻一、藤代、土浦日大、明秀日立となった。

第1試合(午前9時30分)は下妻一-藤代、第2試合(午後0時20分)は土浦日大-明秀日立。下妻一は初、藤代は3年ぶり5度目、土浦日大は16年ぶり10度目、明秀日立は4年ぶり5度目の関東大会出場に挑む。

2試合に先発し防御率0.54の土浦日大・山田、3本塁打を放っている明秀日立の主砲・武田(左から)