工作機械 需要回復力強く メカトロテック開幕 「自動化」「脱炭素」キーワードに

© 株式会社中部経済新聞社

工作機械業界にとっても約2年ぶりのリアル展示会となった「MECT2021」

 工作機械の需要が力強く回復している。コロナ禍からいち早く立ち上がった中国、欧米など海外向けに加え、足元で政府の補助金や半導体関連の積極投資が追い風となり国内向けも増えてきた。20日、工作機械業界の大規模展示会「メカトロテックジャパン(MECT)2021」(会期は23日まで)が、名古屋市港区のポートメッセなごやで開幕した。自動化や脱炭素をキーワードに各メーカーは、盛り上がる需要を取り込もうと熱を帯びている。