半導体不足の問題、第4四半期にやや緩和へ―中国メディア

© 株式会社 Record China

世界的な半導体不足が現在、世界の自動車メーカーに影響を及ぼしている。半導体不足は現在、中国の自動車産業にどのような影響を及ぼしているのだろうか。国務院新聞弁公室が19日に行われた記者会見で、工業・情報化部が関連する問題について質問に答えた。人民網が伝えた。

工業・情報化部報道官を務める運営モニタリング協調局の羅俊傑(ルオ・ジュンジエ)局長は、「しばらく前から、自動車用半導体の不足問題が顕著になっており、各界から広く注目を集めている。これは国内の自動車業界だけが直面している問題ではなく、海外の大手有名ブランドを含む多くの多国籍自動車メーカーが非常に関心を寄せている問題だ。国内を見ると、自動車用半導体の不足問題があるため、実際に多くの自動車メーカーに減産もしくは短期的な操業停止の問題が生じている。統計データによると、9月の自動車生産台数は前年同期比17.9%減の207万7000台、販売台数は19.6%減の206万7000台で、この幅はここ数年まれに見るものだ」と述べた。

自動車産業が半導体不足の影響を受ける問題は現在もまだ比較的顕著だが、各種の動きを総合的に見ると、第4四半期は第3四半期よりやや緩和する見込みだ。今回の自動車用半導体の不足は主に、自動車業界の需要と半導体産業の周期のズレ、及び新型コロナウイルス感染症や半導体メーカーの火災といったいつくかの要素の総合的な影響によるものだ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)