<あのころ>野村克也、戦後初の三冠王

獲得タイトル数は17

© 一般社団法人共同通信社

1965(昭和40)年10月21日、プロ野球南海ホークスの野村克也捕手が戦後初の三冠王に輝いた。打率3割2分、打点110、本塁打42本。「生涯一捕手」の信念を貫き、出場は3017試合の最多を誇る。打撃部門獲得タイトル数は17(本塁打9、打点7、打率1)に上った。