バス置き去り死の保育園で体罰、暴言認定

© 一般社団法人共同通信社

 福岡県中間市で7月、送迎バスに男児(5)が置き去りにされ、熱中症死する事件が起きた保育園を巡り、特別監査をしていた県と市は21日、職員が複数の園児に体罰や暴言といった虐待を繰り返していたと認定し、園側に改善勧告した。