【シャトレーゼ】YATSUDOKI秋限定!栗とかぼちゃのケーキ実食レポ

© 株式会社オンエア

山梨県の人気のお菓子屋さん「シャトレーゼ」のプレミアムブランド「Chateraise PREMIUM YATSUDOKI(シャトレーゼ プレミアム ヤツドキ)」。季節が移り変わる10月、おうち時間を楽しませてくれる、八ヶ岳の素材を使った秋スイーツが登場しました。今回はその中でかぼちゃと栗の新作ケーキ、そして通年販売の「モンブラン」を紹介します。

待ちに待ったYATSUDOKIの秋!

今回立ち寄ったのは、新宿御苑駅から徒歩3分ほどにある新宿御苑店。山梨県八ヶ岳高原の素材を使ったスイーツが並ぶショーケースに、さっそく秋色が添えられていました。

秋限定で登場しているのは、「甲州天空かぼちゃとえびすかぼちゃのモンブラン」(左)、「八ヶ岳珈琲のカフェオレケーキ」(右)、

「栗のショートケーキ」(左)、「タルト・明野金時」(右)の4品。

紅葉狩りをするように、いろいろなケーキが気になりますが、今回は新作の「甲州天空かぼちゃとえびすかぼちゃのモンブラン」と「栗のショートケーキ」の2品をいただきました。

空中で育ったかぼちゃのモンブラン

クリームたっぷりの「甲州天空かぼちゃとえびすかぼちゃのモンブラン」(583円・税込)。

ぶどうの棚を活用し、吊るして空中で育てた「甲州天空かぼちゃ」を使った一品。白い粉糖が映える鮮やかな黄色いクリームは、ふわんとして、かぼちゃの甘みが凝縮してします。

ザクザクのアーモンド生地のタルト台に、ローストピスタチオをたんまりと添えて。かぼちゃともアーモンドタルトとも良い相性です。

かぼちゃクリームの中には、甘さを抑えた北海道産純生クリーム、かぼちゃプリン、ココアスポンジが重なります。ムースのようになめらかなプリンは、かぼちゃの味わいが強く、タルト生地に絡むとねっとりと一層濃密に!

黒豆も忍ばせて、和テイストにも変化するという小技!かぼちゃとピスタチオの素材感を楽しみつつ、洋風ながら和心もある上品なモンブランです。

香りに浸る栗のショートケーキ

綺麗な立方体の「栗のショートケーキ」(594円・税込)。収穫量が通常より少ないという貴重な和栗を一粒のせた贅沢な品。しっとりほっくりと、甘みが濃い大粒の栗は、ぜひ豪快に一口で味わっていただきたいもの。

北海道産純生クリームを使ったマロンクリームは、ほんのり洋酒がきいて大人向け。新鮮なうみたて卵で焼き上げたスポンジは卵のコクが強くふわふわで、これだけでも食べていたいほど美味!

栗のクリーム、スポンジ、ココアスポンジ、栗のペーストが重なります。クリームたっぷりなのに軽やかで、栗の濃厚な甘みに浸る逸品です。

通年販売の和栗のモンブランもチェック

通年販売の「国産和栗のモンブラン」(550円・税込)も食べ比べてみましょう。

絹のようにすべすべの和栗のクリームは、見ているだけでうっとりする繊細さ。

細いクリームは束になるとみっしりと、栗本来の優しい素朴な甘みを味わえます。中にも生クリームがたっぷり。ブランデーを加えているそうで、スッと食べやすいクリームに。

さらに、栗の甘露煮が角切りにコロコロ入って、食べる度にふわっと栗の香りが広がります。ダックワーズのような生地を土台にホワイトチョコレートが甘みを添え、甘さ控えめのクリームたちとの対比も素晴らしい仕上がり。

大人向けの秋スイーツたち

ちなみに、「国産和栗のモンブラン」は通年販売で、秋限定の「甲州天空かぼちゃとえびすかぼちゃのモンブラン」「栗のショートケーキ」「タルト・明野金時」は11月末まで、「八ヶ岳珈琲のカフェオレケーキ」は2022年1月頃までの販売予定とのことです。

お城のようなかぼちゃのモンブラン、気品ある栗のショートケーキ、

王様のような栗のモンブランと、素材を大切にした大人な秋スイーツに舌鼓を打ってみませんか?

Chateraise PREMIUM YATSUDOKI 新宿御苑

住所:東京都新宿区新宿1-2-9 JF新宿御苑ビル1F

電話:03-3350-5108

営業時間:10:00〜21:00

定休日:なし

交通:東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅より徒歩約3分

HP:https://www.yatsudoki.jp/

[all photos by kurisencho]