第一三共、22年中にワクチン実用化へ

© 一般社団法人共同通信社

 第一三共は21日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、今年3月から国内で行っている臨床試験(治験)の結果、「大きな問題は認められなかった」とし、2022年中に実用化を目指すと発表した。