「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

© 新華社

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館の「噩国青銅器精品展」で展示された「噩侯鐘(がくこうしょう)」。(上海=新華社記者/任瓏)

 【新華社上海10月22日】中国の上海博物館でこのほど、殷・周の諸侯国「噩(がく)国」(鄂国)の青銅器を集めた「噩国青銅器精品展」が開幕した。同館のほか、北京市の国家博物館や河南省の南陽市文物考古研究所などの所蔵品から60点を厳選し、一堂に展示。西周初期から春秋時代初期の青銅器を通し、歴史の中の噩国の姿を浮かび上がらせている。

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館の「噩国青銅器精品展」を見学する来場者。(上海=新華社記者/任瓏)

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、中国国家博物館が所蔵する「禹鼎(うてい)」。(上海=新華社記者/任瓏)

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館で開幕した「噩国青銅器精品展」。(上海=新華社記者/任瓏)

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館の「噩国青銅器精品展」で展示された「冉甗(ぜんげん)」。(上海=新華社記者/任瓏)

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館の「噩国青銅器精品展」で展示された「獣面紋卣(じゅうめんもんゆう)」(部分)。(上海=新華社記者/任瓏)

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館の「噩国青銅器精品展」で展示された「獣面紋尊(じゅうめんもんそん)」。(上海=新華社記者/任瓏)

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館の「噩国青銅器精品展」で展示された「噩侯方罍(がくこうほうらい)」。(上海=新華社記者/任瓏)

「噩国青銅器精品展」、上海博物館で開幕

19日、上海博物館の「噩国青銅器精品展」で展示された「獣面紋卣(じゅうめんもんゆう)」。(上海=新華社記者/任瓏)