「ポポポポポ~♪」が玩具になって792円で買える! 「呼び込み君ミニ」製造会社が明かす「こだわり」

© 株式会社ジェイ・キャスト

スーパーやディスカウントストアなどで「ポポーポポポポ」「ポポポポポ~」といったメロディーで集客を行う音声ポップ「呼び込み君」。模型メーカーの青島文化教材社は2021年10月18日、これを小型化した玩具「スーパーサウンド『呼び込み君』ミニ」(以下、呼び込み君ミニ)を12月に発売すると発表した。

SNS上ではさっそく「完成度高ェな!」「自宅でポポーポポポポが聞けるように!」と衝撃が広がっている。

いったいなぜ「呼び込み君」を玩具化しようと考えたのか。J-CASTニュースは19日、青島文化教材社にメールで取材した。

「あの可愛らしい働き者を手元に置きたい」

「呼び込み君」は、群馬県大間々町の電子機器メーカー・群馬電機が開発した。公式サイトの説明によれば、開発当時の録音再生機器はカセットテープが主流だった。しかし店舗で販促メッセージを繰り返し再生していると、テープが伸び、音質の劣化が激しかったのだという。そこでテープを使わず音質の劣化が無く、簡単に録音再生できる商品として生み出されたのが「呼び込み君」だった。

そんな呼び込み君は現在、スーパーやディスカウントストアなど各所で活躍しているのだが、どうしてこの販促機器を玩具化しようと考えたのだろうか。呼び込み君ミニを開発した青島文化教材社広報課の富永幸三郎さんは、こう述べる。

「スーパーに行くとどことなく聴こえてくる『ポポポポポ~♪』の馴染みの音楽が、さらに日常の中で身近にあったら面白いのではないか。『だれもが知るあのメロディーをいつでも聞きたい』、『あの可愛らしい働き者を手元に置きたい』そんな夢を叶える商品としてミニサイズの呼び込み君を企画し、実物の製造元であります群馬電気株式会社様へ企画提案しましたところ快諾いただきまして、開発に至りました」

本物の呼び込み君は公式サイト上の価格で2万3980円。呼び込み君ミニは792円なので、店舗に設置するのではなく個人で楽しみたい人にぴったりと言える。

こだわったのは音質

呼び込み君ミニは、本体中央にある黒いボタンを押すと約20秒間、お馴染みの音楽が流れてくる。約53センチで呼び込み君の外観を忠実に再現しており、本物同様に顔パネルを文字パネルに交換することもできる。

富永さんによると、1番こだわった部分であり、開発で最も苦労したのが音質の再現だった。遠くにいてもまるで本物から鳴っているような感覚を得るために、群馬電気からマスター音源を提供してもらい、スピーカーを調整した。

「実物ではスーパー等で雑多に音が混じる環境の中、ダイレクトに耳に入ってくるあの音源を、手のひらサイズで再現しても見劣りしない音質にもってこれるかどうかという事が重要ポイントになりました。マスター音源の使用やスピーカーの選定によって満足いくものが実現できました」

こうして出来上がった呼び込み君ミニ。富永さんは「まずは手にとってボタンを押した瞬間に自分のいる場所がスーパーにいるような錯覚に陥る感覚を味わってみて欲しい」という。

「自分の場合は生鮮食品コーナーにあるイメージが強いので体感温度が下がる感じがします(笑)。

また、鳴り物OKのイベントであれば、イベントスペースや屋台でお客様の集客等にも活用するのもありかもしれません。きっと誰かしら振り向くはずです(笑)」

一夜にして相当数の予約が!

呼び込み君ミニの発売告知には大きな反響があった。さらには音質についても、「音質良すぎて好き」「想像以上の高音質で買おうか迷う」と注目を集めた。

こうした反響を受けて、富永さんはこう述べる。

「企画当初から『ウケるアイテム』としてある一定の話題性を想定しておりましたが、此度のTwitterのバズり具合については予想を大幅に超える『想定外』となりました。とにかく音に対する認知度が非常に高いのはもとより、潜在的に『物として欲しい』層が想定以上にいた感じです。よくこの手はネタ的バズりはあるものの、実際の購入には至らないという状況が多々ありますが、受注開始より一夜にして相当数の予約をいただきました。ネタだけでは終わらずに、『欲しい』『早速予約した』というコメントを見て大変嬉しく思いました。

併せて群馬電気株式会社様が大切に扱ってきた呼び込み君に対する想い、愛をより一層感じる良い機会となりました」

青島文化教材社は、呼び込み君ミニを大手量販店様や路面店、スーパーやホームセンターなどでも販売したいと意気込んでいる。

(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)