岡田将生の言い間違いに斎藤工がニヤリ「一番好きな岡田将生」

© 株式会社フジテレビジョン

菅田将暉が主演を務める、映画「CUBE 一度入ったら、最後」の初日舞台挨拶が10月22日(金)に行われ、共演の杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、清水泰彦監督と共に登壇した。

この作品は、1997年に公開されたヴィンゾ・ナタリ監督作品「CUBE」を日本版にリメイクしたもの。“CUBE”に閉じ込められた男女6人の密室サスペンスを描く。

<菅田将暉 映画の小ネタ紹介で岡田将生にひと言「共食いだなと思っていました」>

左から)斎藤工、岡田将生、菅田将暉、杏、田代輝、清水泰彦監督

イベントでは、ヴィンゾ・ナタリ監督がアメリカからリモートでサプライズ登場する場面も。

日本版のリメイクの話を聞いたヴィンゾ監督は「日本でのリメイク作品にワクワクしています。作品を鑑賞させていただいて、オリジナルとは全く違ったものになっています。本当に素晴らしい作品を作っていただけたと思っています」と感謝。

菅田はヴィンゾ監督に対して「初めまして、菅田将暉です。お会いできてうれしいです」とあいさつし、ヴィンゾ監督も「本当に今回のキャストは素晴らしくて、『CUBE』という作品に関わっていただいて、とてもうれしいです」とニッコリ。

また、菅田が「日本には来たことがありますか?」と質問すると、ヴィンゾ監督は「もちろんあります。日本は大好きです!東京周辺に行きました」と答えた。

そして、菅田は「いつか日本で映画を撮ってくれますか?」と聞くと、ヴィンゾ監督は「日本で撮影することが僕の一番の夢です」と力強く回答。それに対し、菅田は「お待ちしております!」と笑顔で返した。

岡田は、「一番好きな日本の作品は何ですか?」と聞こうとすると、「一番好きな…あっ、岡田将生と申します」と質問の途中に自己紹介をして、変な日本語になってしまい、会場を笑わせた。斎藤も「一番好きな岡田将生」と復唱し、岡田は恥ずかしそうに訂正した。

無事にヴィンゾ監督に質問すると、「今敏監督のアニメーション映画『パプリカ』」との回答に、岡田は「ありがとうございます」と納得した表情を浮かべた。

最後に菅田は、「この映画を撮影している時は、コロナ禍のど真ん中の時期で、撮影でしか人に会わないし、撮影に行ったら“CUBE”に閉じ込められるしで、どんどん追い詰められてよくわからない時期でした。でも、無事に完成して、今日公開を迎えられて本当にうれしいです。ぜひ、楽しんでください」と呼びかけた。

映画「CUBE 一度入ったら、最後」は、全国公開中。
配給:松竹
©️2021「CUBE」製作委員会

最新情報は、映画「CUBE 一度入ったら、最後」公式サイトまで。