「馭鮫記」の俳優アレン・レンが筋肉スーツ着用?顔面差し替えなど疑惑の目も

© 株式会社 Record China

最新の中国ドラマ「馭鮫記之与君初相識」に主演する中国の俳優アレン・レン(任嘉倫)が、半裸を見せるシーンで筋肉スーツを着ているのではないかとネットユーザーで関心を寄せている。

俳優アレン・レンと女優ディリラバ(迪麗熱巴)が主演の「馭鮫記之与君初相識」は、御霊師の仙姫と鮫人のロマンスを描くファンタジー時代劇。20日、同作から最新のイメージビジュアルと宣伝動画が公開され、配信に向けて注目度が高まっている。

最新の宣伝動画では、鮫人を演じるアレン・レンが水の中から姿を現わして半裸を見せるシーンが含まれているが、この時のアレン・レンのボディーに違和感があると、ネットで声が上がっている。アレン・レン自身の筋肉はここまで隆々としていないという意見や、動画では首元が短く見えるのがおかしいとの理由で、精巧に作られた筋肉スーツを着ているか、または顔だけ人工知能(AI)で差し替えたのではないかと憶測が飛び交っている。

しかし、ファンからは動画のボディーに違和感はなく、アレン・レン本人に間違いないと主張する意見も。過去に卓球選手として山東省卓球チームに所属していたアレン・レンだが、アスリート出身でずっと美しい肉体をキープしていると反論の声が上がっている。

なお、アレン・レンの筋肉スーツ疑惑を伝えるニュース記事には、「もし事実だとしても、撮影に各種の小道具を使うのは当然のこと」「ほんの一瞬のシーンを、そこまでこだわって検証しなくていい」「他人の体形のことをあれこれ言うのはハラスメントだ」といったコメントが投稿されている。(Mathilda)