倉敷工8強入り、創志は敗退 秋の中国高校野球開幕

© 株式会社山陽新聞社

米子西戦で8回2/3を4安打無失点に抑えた倉敷工の高山=津田恒実メモリアルスタジアム

 来春のセンバツ出場校を選出する重要な資料となる秋の中国高校野球大会は22日、山口市の山口マツダ西京きずなスタジアムを主会場に開幕して1回戦4試合が行われ、6年ぶり22度目出場の倉敷工(岡山1位)が初戦を突破し、ベスト8入りを決めた。4年連続9度目出場の創志学園(岡山3位)は敗退した。

 投打ともにさえた倉敷工は5―0で米子西(鳥取3位)に快勝。創志学園は打線が1安打と沈黙し、下関国際(山口1位)に0―8で七回コールド負けした。広島3位の広陵は6―0で倉吉総合産(鳥取2位)を下し、宇部商(山口2位)は出雲西(島根2位)を7―5で退けた。

 第2日の23日は同スタジアムなどで、学芸館(岡山2位)―尾道商(広島2位)など1回戦残り4試合があり、8強が出そろう。

 ▽1回戦

倉敷工

000220100|5

000000000|0

米子西

▽三塁打 若林▽二塁打 藤井、高山▽暴投 高山

 【評】倉敷工の投打がかみ合った。四回1死一塁から若林の右翼線三塁打、増田の中犠飛で2点先制すると、五回は藤井の右越え二塁打などで2点、七回は日向の左犠飛でダメを押した。思い切りの良いスイングで12安打を放った。先発高山は丁寧にコースを突き、8回2/3を4安打無失点。バックも無失策で支えた。

 米子西は再三の好機にあと一本が出なかった。

下関国際

1030022|8

0000000|0

創志学園

(七回コールド)

▽二塁打 水安

 【評】創志学園は緩急巧みな相手左腕に打線が1安打に封じられ、完敗した。先発岡村は一回に1点を先制されると、三回は3連打などで3失点。流れをつかめないまま持ち味の守備も3失策と乱れ、六、七回は死球や失策が絡み、計4点を献上し試合を決められた。

 下関国際は機動力を生かし、8安打8得点と効率的に攻めた。先発古賀はテンポよく75球で7回を零封。