浜村淳&中川家、新朝ドラ『カムカムエヴリバディ』出演決定

© ブロードメディア株式会社

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演する浜村淳(C)NHK

女優の上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がトリプル主演する11月1日スタートの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合ほか)の追加キャストとして、タレント・ラジオパーソナリティーの浜村淳とお笑いコンビ・中川家の出演が発表された。

本作は、ラジオ英語講座と共に歩んだ3人のヒロインが紡ぐ100年のファミリーストーリー。初代ヒロイン・橘安子(上白石)は、1925(大正14)年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日に生まれ、100年の物語が始まる。二代目ヒロイン・るい(深津)、三代目ヒロイン・ひなた(川栄)と、3人のヒロインがラジオ英語講座を聴き続けることで、夢への扉を開いていく。

46年ぶりの朝ドラ出演となる浜村淳が演じるのは、お茶の間で人気の名物ラジオパーソナリティー・磯村吟役。劇中では映画解説やニュース紹介を行い、磯村が伝える言葉や情報が登場人物の人生に大きな影響を与えていく。

浜村は「人生、泣き笑いの波の中に生きている。さまざまな人と出会い、別れて、紡ぐ人生模様がある。これだけは、このドラマについてハッキリと言える。『夢と勇気をありがとう!』」とコメント。

連続テレビ小説初出演となる中川家の2人が演じるのは、実在した人気漫才コンビのエンタツ・アチャコ。エンタツ役を剛、アチャコ役を礼二が務め、人気を博した漫才「早慶戦」も劇中で披露する。

中川家は「エンタツ・アチャコ役にてオファーをいただき大変光栄です!ありがとうございます。伝説の漫才師さんなので非常に緊張しましたが、スタッフさんが温かく迎えてくださり、楽しむことができました!信頼と実績でやらさせていただいております!」としている。

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』は、NHK総合にて11月1日より毎週月~土曜8時ほか放送。