韓国「イカゲーム」のパクリ疑惑で過去のパクリの数々が話題に―中国

© 株式会社 Record China

中国の動画サービス・Youku(優酷)が企画した新バラエティー番組にパクリ疑惑が持ち上がり、ネットで非難の嵐が巻き起こる中、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「中国バラエティーのパクリ略史」と記した投稿が出現した。

Youkuの新番組は「イカの勝利」という仮タイトルで、世界的ヒットとなったNetflix(ネットフリックス)の韓国ドラマ「イカゲーム」をパクったのではないかとの疑惑が浮上。ネット上には「みっともない」「中国から出て行ってくれ」といった厳しい声が殺到し、Youkuはその後、「番組タイトルは『イカの勝利』ではなく『ゲームの勝利』だ」などとする謝罪文を発表する事態となった。

20日に投稿された「中国バラエティーのパクリ略史」はタイトルの字体や色がよく似た「イカゲーム」と「イカの勝利」の画像を並べた他、韓国のオーディション番組「PRODUCE 101」と中国の「偶像練習生」に関する記事も掲載している。さらに、「2015~17年の中国のバラエティー番組54作品の48%にパクリ疑惑がある」とする資料も紹介。これに対し、中国のネットユーザーからは「すごく情けない」「Youkuはどうしちゃったんだろう。なぜこのタイトルにしたんだろうね」「中国はいつになったら自分たちの力で良い番組を作れるようになるんだろう」「われわれにはアイデアが全く出せないような気になった」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)