朝起きられない人はアラーム音を変えた方がいい―中国メディア

© 株式会社 Record China

最近気温がますます下がり、もともと寝覚めの悪い人にとっては一層弱り目にたたり目になっている。自然に目が覚めるまで眠っていられない人は、どのようなアラーム音だと早く目覚めることができるだろうか。アラームの睡眠惰性への影響に関するある研究がその答えを明らかにした。生命時報が伝えた。

研究者は50人のボランティアの自宅での起床後の状態をテストした。研究は各ボランティアのアラーム音の統計を取り、そしてその睡眠惰性を量化した。その結果、けたたましいアラーム音よりもメロディーのある音の方が早く目覚めることが分かった。

論文の著者は、「けたたましいアラーム音の方が早く目覚められると考える人が多いかもしれないが、実験データによるとメロディーのある音の方がかえって効果的だ」と述べた。

これはメロディーのないアラーム音が脳の活動を妨げ、より一層混乱させるからだろう。一方で、やさしいメロディーは睡眠状態からより効率的に目を覚ましてくれる。

このほか、目が覚めてもまだ眠い時は、少し携帯電話をいじり目を覚ますのもいいだろう。そのついでにメッセージをチェックしたり、スケジュールを立てたりなどして、目覚めの効果を上げればいい。(提供/人民網日本語版・編集/YF)