西条(愛媛2位)相手左腕に沈黙 阿南光(徳島3位)に0―2 秋季四国地区高校野球

© 株式会社愛媛新聞社

【西条―阿南光】2回表西条2死二塁の守備、遊撃内野安打の間に本塁を狙う二走を谷野宮がタッチアウトにする=坊っちゃんスタジアム

 選抜高校野球大会の出場校選考の参考資料となる秋季四国地区大会は23日、坊っちゃんスタジアムなどで開幕し、1回戦4試合を行った。愛媛2位の西条は阿南光(徳島3位)に0―2で敗れた。

 【評】西条は好投のエース高橋賢を援護できなかった。高橋賢は要所を締め、七回まで無失点。中盤からはボールに切れが出始めて六、七回は無安打に抑えた。八回の失点は、先頭への与四球が痛かった。守備は3失策したが、球際の強さが光った。

 打線は阿南光の左腕に沈黙。4犠打を記録し、堅実に走者を進めたが、あと一本が出なかった。低めの落ちる変化球を空振りする場面が目立ち、9三振を喫した。

◆先に1点を取りたかった◆

 【西条・河野監督】イメージ通りピンチをしのぎながら試合を進められていたので、勝負どころで浮いた球を捉え、先に1点を取りたかった。やはり攻撃力。全国レベルの投手には、まだまだ対応できていない。