紙飛行機 長く飛んだよ よつば小児童が飛距離競う

© 株式会社北日本新聞社

勢いよく紙飛行機を飛ばす児童たち

 よつばオリンピック2021紙飛行機大会が23日、魚津市本江のよつば小学校で開かれ、全校児童574人が紙飛行機の飛距離を競った。

 新型コロナウイルス禍の中、短時間で全校児童が楽しめるイベントを開こうと、学習発表会に合わせて同校PTAが企画した。生徒は事前に同じ紙を使い、それぞれ折り方を工夫してオリジナルの飛行機を作った。

 この日は、学年ごとに体育館に集まり、飛ばし合った。各クラスの1~3位を決めた後、上位者のみで決勝戦を行い、学年の1~3位を争った。全校児童の中で飛距離が長かった上位3人も決め、6年の酒井湧心君が18メートル067で1位となった。