『日本沈没』第3話、世界的権威の教授役でモーリー・ロバートソン “田所”香川照之を支持

© ブロードメディア株式会社

ドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』第3話より(C)TBS

俳優の小栗旬が主演する日曜劇場『日本沈没―希望のひとー』(TBS系/毎週日曜21時)の第3話が24日放送。モーリー・ロバートソンが、地球物理学の世界的権威であるアメリカの教授・ジェンキンスとしてTBSの連ドラに初出演。ジェンキンス教授が日本未来推進会議で田所博士(香川照之)の分析を支持し、会議は一気に緊迫感を増す。

本作は、1973年刊行された小松左京のベストセラー小説『日本沈没』に大きくアレンジを加え、原作でも描かれていた“環境問題”を、現代に照らし合わせた人間ドラマ。2023年の東京を舞台に、沈没という目に見えない危機が迫る中で、人々が希望を見出していく姿を描いていく。

「関東沈没が1年以内に始まる」という田所博士(香川照之)の分析報告を総理官邸で聞いた天海(小栗旬)は、対策の緊急性を強く訴える。

しかし、里城副総理(石橋蓮司)は田所を詐欺学者と決めつけて相手にせず、東山総理(仲村トオル)もすぐには決断できないでいた。天海と共に危機感を募らせる常盤(松山ケンイチ)に、記者の椎名(杏)が接触してくる。彼女は田所が総理官邸に招かれたことで、ただならぬ事態が起きていると感じていた。

その夜、常盤は常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦)に呼ばれる。呼ばれた先には、里城がいた。同期である天海の人間性や関東沈没説に対する見解を聞かれ…。

日本未来推進会議では、関東沈没への対策を議題に検討会が開かれた。その席で天海が、地球物理学の世界的権威であるアメリカの教授・ジェンキンスが田所博士の分析を支持したことを告げると、会議は一気に緊迫感を増す。

各省庁の代表がそれぞれの視点から論争が繰り広げられる中、国民にどう伝えるかで天海と常盤の意見が割れてしまう。そして、その裏には里城副総理の影が…。

日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』は、TBS系にて毎週日曜21時放送。