中国の発電設備容量、22億9千万キロワットに

© 新華社

中国の発電設備容量、22億9千万キロワットに

江蘇省揚州市にある宝応県魯垜鎮海宇風力発電所。(7月22日、小型無人機から撮影 揚州=新華社配信)

 【新華社北京10月24日】中国国家能源(エネルギー)局はこのほど、9月末時点の全国の発電設備容量が前年同期比9.4%増の22億9千万キロワットになったと発表した。うち風力発電が32.8%増の約3億キロワット、太陽光発電が24.6%増の2億8千万キロワットだった。

 1~9月の全国発電設備の平均稼働時間は2880時間で、前年同期比113時間増加した。うち原子力発電が321時間増の5842時間、風力発電が91時間増の1640時間だった。

 主要発電企業による電源プロジェクトへの投資額(実行ベース)は1.8%増の3138億元(1元=約18円)で、うち水力発電が5.3%増の701億元、太陽光発電が27.3%増の293億元だった。電力網プロジェクトへの投資額は0.3%減の2891億元だった。