【ベトナム】フーコック島の外国人旅行、来月20日から[観光]

© 株式会社NNA

ベトナム南部キエンザン省の人民委員会は21日、リゾート地フーコック島への外国人観光客の受け入れを来月20日から試験的に始めることを決めた。ベトナム政府が承認した国・地域のワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を提示することを条件に、観光客の受け入れ規制を緩和する先行事業となる。

省人民委員会は同日付で試行計画書200号(No.200/KH—UBND)を発出した。計画期間は6カ月間で、まずは11月20日から複数のチャーター便を飛行させ、当局が客の出迎えやサービス提供の手順を確認する。その評価と調整を経て、12月20日から受け入れ再開のロードマップ(行程表)を正式に始動させる。

来年3月20日までの第1期には、旅行者の滞在地や行き先を限定した上で、1カ月当たり3,000~5,000人をチャーター便で受け入れる。6月20日までの第2期には、第1期に対する評価を踏まえ、各種の基準が完全に満たされることを条件に、1カ月当たり5,000人から1万人に受け入れ枠を拡大する。いずれの時期も、感染予防措置を厳守するなどの条件を課す。

また、受け入れに向けた準備として、島民と島内の労働者の90%以上がワクチン接種を完了することを求めた。