「WRO 2021国際大会」オンラインで11/18-21開催

© 株式会社イード

WRO Japan

WROは2021年11月18日から21日、「WRO 2021国際大会」をオンラインで開催する。WRO Japanからは、「WRO Japan決勝大会」で優秀な成績をおさめた7チームが国際大会に出場する。

「WRO(World Robot Olympiad)」は、2004年にスタートした、世界75以上の国と地域から2万8,000以上のチーム、7万5,000人以上の小・中・高校生が参加する世界最大級の学生国際ロボットコンテスト。

国内においては、毎年全国約40か所でWRO Japan公認地区予選会が開催され、参加チーム数は2019年に2,000チームを超えた。2021年のWRO Japan決勝大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインでの開催となったが、全国35か所で開催された公認地区予選会やオンラインでの事前審査を勝ち抜いた計107チームが参加した。

選手は世界中のロボットのモデルデザインや自律的に制御するプログラムを開発し、与えられた課題を解決する競技に挑戦する。2019年にハンガリーで開催された国際大会では、日本チームは2位銀メダルをはじめ、あわせて4チームが入賞し、今後も一層の活躍が期待されるという。

2021年11月18日から21日に国際大会が開催され、開催スケジュールはWebサイトにて公開する。Webサイトでは、「WRO Japan決勝大会」のようす等も公開している。

◆WRO 2021国際大会

日程:2021年11月18日(木)~21日(日)

参加国(一部):アメリカ、ドイツ、日本、ハンガリー、中国、ロシア、スペイン、ブラジル、インド、UAE、サウジアラビア、カタール、イラク、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、南アフリア、デンマーク等

鈴木あさり