コールドチェーン市場は2030年までに4,700億米ドルに達すると推定|CAGR 8.0%

© ソーシャルワイヤー株式会社

コールドチェーンの世界市場は、2020年には2,180億米ドルとなり、2030年には4,700億米ドルに達すると予測されています。この市場は、2021年から2030年の予測期間中、年平均成長率(CAGR)8.0%で成長すると予測しています。
加工食品の需要の高まりが、世界のコールドチェーン市場の成長を促す顕著な要因となっています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol150

加工食品の需要の高まりにより、健康リスクを回避するために、その保存と温度管理システムの需要が高まっています。 さらに、加工食品の冷蔵は、温度を制御して保存期間を延ばすために不可欠です。このように、加工食品の需要増加は、分析期間中の世界のコールドチェーン市場の成長に最終的につながると考えられます。
また、化学物質や保存料を使用しない製品の需要が増加していることも、市場の成長にプラスの影響を与えるでしょう。消費者の冷蔵に対する需要は、防腐剤の有害性に対する意識の高まりとともに、今後数年間で増加すると予測されます。そのため、製品の安全性を確保する上で、冷蔵が重要な役割を果たすことが予想されます。
ライフスタイルの変化と都市化の進展は、世界のコールドチェーン市場の成長を促進するでしょう。急速な都市化に伴い、消費者は食料品店で買い物をする機会が増えています。そのため、果物や野菜、肉、乳製品の保存期間を延ばすことへの需要が自動的に高まります。
しかし、製品の冷蔵に伴う高コストや、温室効果ガスの排出に関する懸念の高まりが、世界のコールドチェーン市場の成長を遅らせる要因となっています。

地理的分析

アジア太平洋地域は、世界のコールドチェーン市場の成長に大きく貢献しています。世界のコールドチェーン市場におけるこの地域の成長は、人口の急増、都市化、加工食品の需要の高まりに起因しています。また、インド、ベトナム、インドネシアなど様々な国での外国直接投資(FDI)の流入が、世界市場の拡大を牽引すると考えられます。

COVID-19インパクト分析

パンデミックは、世界のコールドチェーン産業の成長にわずかにプラスの影響を与えた。感染症のリスクがあったため、人々は包装された製品を採用する傾向が強かったのです。その結果、市場ではパッケージ化された食品・飲料製品業界にいくつかの成長機会が見られました。さらに、在庫の保存期間を延ばすために、販売者は冷蔵方法を用いる必要がありました。このことが、パンデミックの時期に市場の成長を促進しました。COVID-19の発生により、包装された製品への需要は高まったものの、サプライチェーンの混乱や原材料の入手困難は、パンデミック期間中の市場全体にマイナスの影響を与えました。

市場区分

温度タイプ別
冷凍
チルド
タイプ別
冷蔵倉庫
冷蔵輸送
用途別
乳製品・冷菓
魚・肉・水産品
ベーカリー&コンフェクショナリー製品
果実・野菜
その他(ソース、調味料、サラダドレッシング、ディップなど)
地域別
北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
その他の南アメリカ地域

市場における競合他社

アグロマーチャンツグループ
Americold Logistics
Burris Logistics
インターステートコールド
Kloosterboer Group B.V.
リネージュ・ロジスティクス・ホールディングス・LLC
株式会社ニチレイ
Preferred Freezer Services
スワイヤーコールドストレージ
株式会社シマンテック
Versacold Logistics
その他の著名プレイヤー

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol150