中国と日本の若手研究者が新時代の両国関係を討議

© 株式会社 Record China

「第2回中日関係青年学者国際シンポジウム」が23日と24日、上海で開催されました。中日両国の若手研究者はオンラインとオフラインの方式で2年ぶりに、新しい時代における中日関係の発展の将来を共に議論し、中日両国の研究者および両国民の交流と対話が、中日関係の発展を促進する上で重要な意義を持つと強調しました。

中日両国の国民にとって、新しい時代における中日両国の位置づけと付き合い方を模索し、いかにして協力を促進し、新型コロナウイルス感染症が人類社会に与えた巨大な衝撃に共に対応していくのかは大きな関心事であり、中日の若手研究者にとっては歴史的使命です。

復旦大学日本研究センター主任の胡令遠教授、日本の東芝国際交流財団の大森圭介専務理事は開幕式における式辞で、学術共同体の構築に熱い期待を寄せました。

復旦大学日本研究センター副主任の賀平教授と東京大学東洋文化研究所の佐橋亮准教授がそれぞれ基調講演を行った後に、中日両国の若手研究者は社会文化、地域協力、政治外交、思想歴史など4分野について熱く議論しました。取り上げられた対象には、中日の非伝統的な安全問題、日本の「インド太平洋戦略」、日本の右傾化現象、日本の総力戦体制、日本の地域安全協力政策、日本の海洋戦略、日本と東アジアの関係、米国における日本研究、中日の文化交流、日本の教育など多くの議題がありました。

シンポジウムの主催は復旦大学日本研究センターで、日本からは東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、中国からは北京大学、清華大学、人民大学、武漢大学、南開大学、上海国際問題研究院などの大学や研究機関の若手研究者40人余りが参加しました。(提供/CRI)